12/11(水) 竜洞山のニホンヒキガエルから天草の自然を考える。

12/11(水) 竜洞山のニホンヒキガエルから天草の自然を考える。
(若き富崎くんの天草の生命への情熱を応援します!)

最後にヒキガエルを見たのはいつでしょう?
昔は見慣れていた生き物が実は世界中で減少を続けており、ヒキガエルも準絶滅種だってことご存じでしょうか?
今回は若き市民研究活動家、富崎さんに、竜洞山のヒキガエルのこと、そして私たちにできること、うかがいます。

12/11 18時30分~ 
場所:アマビズ(銀天街)
参加費:無料  

主催:アマビズ、Amakusa KAERU Lab.
お問合せ: Amakusa KAERU Lab 代表 富﨑凛  
Instagram:
https://www.instagram.com/amakusa_kaeru_lab

お話:富﨑凛(とみさき りん) 
1995年生まれ。小学校の時から竜洞山の貯水池に産卵に来るニホンヒキガエルの観察を行う。環境変化と共に生息するカエル数の減少が進行している事や熊本県でも準絶滅危惧種に指定されている事を知り、大学時代にボランティアグループを設立。2019年9月に天草にUターンし、保護活動を本格的に行なっている。

Follow me!