レストランバスに乗って。

 
6月13日に三角発着のレストランバスに乗ってきました。
 
バスに乗りながら食事?! お恥ずかしながらこのバスの存在を知らずに参加しました。
このバスの凄いところは、天井が空きます! 開放感に包まれながら最初の目的地へ。
最初の目的地は鮮魚店! レストランバスは観光地ではなく、地域の生産者さんのところに行きます。
こちらの浜田鮮魚さんでは、魚の養殖をしていらっしゃいます。
九州初のサーモンの養殖に成功されてます。 関東以北の魚も九州で新鮮に美味しく食べられるようにしたい。との思いがあったそうです。 養殖は天然に劣るというイメージがありると思いますが、餌などの管理を徹底的にしてるので天然にも負けない美味しさなんだそうです…食べたい…
 
熱い思いとワカメのお土産を頂き、レストランバスに戻るとお食事が準備されてました。
タコの屑あんかけご飯が準備されていました。 タコが半生で、あんかけのお出汁が薄味で上品で感激しました! 美味しいご飯に舌鼓をうっていると、次の目的地の平山農園さんへ到着。
この時はジャガイモを収穫させて頂きました。
そして次はビーツ、ルッコラ、クリスピーレタスの自然栽培のハウスへ。
自然栽培されてて、 食べ放題だからちぎって食べていいよ。って太っ腹なお言葉を頂いたので遠慮なく。
 
味が濃くて美味しかったです。 自然栽培を始めた時は収穫をした半分は捨てていたとおっしゃっていました。 試行錯誤しながら、育ててられるお話が興味深かったです。 ニコニコと農業についての思いを話す姿に思わず聞き入ってしまいました。 そして、バスに戻ると今度は
天草大王のロースト。 大王の歯ごたえも味も最高でした。 野菜の味も濃くて、食べ応えのある一品でした。 次は景色が素晴らしい展望所へ。
私の下手くそな写真では伝わらないので、是非一度足を運んでみてください。
最後はお待ちかねのデザート。
天草晩柑のコンポート。 アイスの甘さを晩柑の酸味でスッキリと。ヨーグルトのゼリーも入っていて食べた後の口の中が爽やかな一品でした。 最後にこのバスのオーナーからレストランバスのコンセプトを説明して頂きました。
なぜ、観光名所ではなく生産者元を訪ねるのか? 観光客の方にはその土地を好きになって、また来てもらえるように。
地元の人には、地元の良さを再発見してもらえるようにとのお話を聞き感銘を受けました。
是非、天草でも開催したいです!

Follow me!